イチハツ

  • イチハツ_img_0
    イチハツ @ 飫肥
  • イチハツ_img_1
    イチハツ @ 京都府立植物園
  • イチハツ_img_2
    イチハツ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
イチハツ
英名
Ichihatsu
学名
Iris tectorum
別名
コヤスグサ, 一初, 子安草, Roof iris, Crested iris, Wall Iris
原産地
中国〜ミャンマー
生活型
耐寒性・耐暑性多年草

コメント

イチハツ(一初、学名:Iris tectorum)は、中国〜ミャンマー原産で、アヤメ科の耐寒性・耐暑性多年草です。菖蒲田に植えられ5月頃に最盛期を迎えます。日本へは江戸時代に中国より渡来したアヤメの仲間です。逸早く咲くことが名前の由来です。単軸でよく分枝します。葉は剣状で、葉幅が4cmと広く(これが特徴)、葉色は黄緑色で、葉質は光沢がなく、根元から斜上し半ばより垂れ下がります。花被は放射相称で、外花被(外側の大きな花弁)と内花被の大きさが異なります。花の特徴は、外花被片の基部中央に黄白色の鶏冠状突起有ることです。花弁は青紫色地に濃紫色の脈や斑点が入ります。稀に白花もあります。’tectorum’ という種小名はラテン語で「屋根の」という意味で、昔は屋根に植えて大風を防いでいました。用途は、庭植え、鉢植えの他、根を乾燥させて漢方薬の「鳶屋根」や「鳶頭」に、生け花用花材とされます。


かぎけん花図鑑イチハツ https://www.flower-db.com/ja/flower:392
花図鑑ブログ https://www.flower-db.com/ja/blog/2018-04-23/107

一般名:イチハツ(一初)、学名:Iris tectorum、別名:コヤスグサ(子安)、トビオクサ(鳶尾草、尾蕊の花柱が鳶の尾のように見える)、スイラン(水蘭)、Roof iris、Crested iris、分類名:植物界被子植物門単子葉類キジカクシ目アヤメ科アヤメ属イチハツ種、原産地:中国〜ミャンマー、生育環境:湿潤な土地、生活型:耐寒性・耐暑性多年草、草丈:30〜60cm、葉形:長披針形(剣状)、葉幅:3~4cm、葉質:光沢なく半ばより垂れる、葉先端:尖っているが柔らかいので刺さらない、花茎:単軸でよく分枝、花径:10cm、花付き:良い、開花期:5月、花弁色:青紫地に濃紫色の脈や斑点が入る(稀に白花)、花被:放射相称、外花被(外側の大きな花弁)と内花被:大きさが異なる、外花被片の基部中央に黄白色の鶏冠状突起有り、備考:日本には江戸時代に中国より渡来、用途:根を乾燥させて漢方薬に(鳶屋根、鳶頭)、生け花。

詳細情報

キジカクシ
アヤメ
アヤメ
イチハツ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
あやめ形
葉のタイプ
剣形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
田んぼ
紫, 白
開花時期
5月
高さ
30 ~ 60 [cm]
花径
10 ~ 10

アクセスランキング(日別)

キダチアロエ_img
クレロデンドラム・パニキュラツム・アルバ_img
クワイ_img
アカシデ_img

ランダムな花

ツバキ シラギク_img
グアバ_img
プチロータス・ジョーイ_img
エゾオグルマ_img
ワレモコウ_img
額紫陽花 ポージーブーケ ノーブルII_img
ジュズサンゴ_img
バラ 'アイスバーグ'_img
ウェデリア_img
ラクウショウ_img
ヤマジノホトトギス_img
カタバミ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved