アリストロキア・サルバドレンシス

Aristolochia salvadorensis

  • アリストロキア・サルバドレンシス
  • アリストロキア・サルバドレンシス
  • アリストロキア・サルバドレンシス
  • アリストロキア・サルバドレンシス
  • 花名
    アリストロキア・サルバドレンシス
  • 学名
    Aristolochia salvadorensis
  • 別名アリストロキア, サルバドレンシス, Aristolochia, salvadorensis
  • 原産地エルサルバドルなどの中央アメリカ
  • 開花場所温室, 海外, 亜熱帯地域, 特定の地域
  • 開花期4月, 5月, 6月, 7月

アリストロキア・サルバドレンシスとは

アリストロキア・サルバドレンシス(学名;Aristolochia salvadorensis)は 中米に生息するウマノスズクサ科の非耐寒性常緑小低木です。 地面に沿って花茎が伸び、濃い赤褐色の「ダースベーダー」のマスクのような不思議な花(実際は萼)を1個づつ付けます。各花は1週間ほど咲き続けます。

一般名:アリストロキア・サルバドレンシス(Aristolochia salvadorensis)、学名:Aristolochia salvadorensis、分類名(APG III):植物界被子植物双子葉類コショウ目ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属、Plantae,(Angiosperms,Magnoliids,)Piperales,Aristolochiaceae,Aristolochia、原産地:エルサルバドルなどの中央アメリカ、環境:熱帯雨林、生活型:常緑小低木、樹高:3~5m、葉序:互生、葉縁:波打つ、両性花、左右相称、花のように見える萼:萼片が癒着した筒状花で先端が3裂する。 花弁:無い、花径(萼径):4~5cm、花色(萼色):濃赤褐色(内側)、白っぽい網目状(外側)、雄蕊:6本あり短く柱頭に合着する、雌蕊:短い、開花期:4月~7月、繁殖:挿し木。


  • コショウ
  • ウマノスズクサ
  • ウマノスズクサ
  • アリストロキア・サルバドレンシス
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    その他
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    波状
  • 生活型非耐寒性常緑小低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 500.0 cm
  • 花径4.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花