キャベツ

Brassica oleracea l. var. capitata

  • キャベツ
  • キャベツ
  • キャベツ
  • キャベツ
  • キャベツ
  • キャベツ
  • キャベツ
  • キャベツ
  • キャベツ
  • キャベツ
  • 花名
    キャベツ
  • 学名
    Brassica oleracea l. var. capitata
  • 別名Cabbage, Chou
  • 原産地地中海沿岸
  • 開花場所
  • 開花期3月, 4月, 5月

キャベツとは

キャベツ(学名:Brassica oleracea L. var. capitata)は、地中海沿岸原産で、アブラナ科の多年草/一年草です。一般によく食べられる野菜です。

●葉の付き方
葉は、まず、外側が出来ます。 次に、芯から新しい葉を出し成長しながら外側に向かいます。 最後に、最初に出来た葉に堰き止められ、葉が詰まって内側が充実するようにして巻いて出来上がります。

●野菜としてのキャベツ
薄緑色をして結球したものが一年中、市場に出ています。 早春に出る春キャベツは甘く柔らかいです。 キャベツは味が淡白で癖がありませんので和洋中華料理に使えます。 サラダやトンカツの刻みキャベツ、お好み焼き、浅漬け、炒め物、ロールキャベツ、蒸し煮、点心を蒸す際の下敷き、胃腸薬の原料に使われます。 ビタンミン類が豊富で、ビタミンC、A、B1、U、カロテン、カルシウムが含まれます。

●キャベツの仲間
キャベツの仲間には、 原種のケール、茎を食べるコールラビ、花を食べるブロッコリー(Broccoli)や カリフラワー(Cauliflower) 、腋芽を食べるメキャベツ、 花を観賞するハボタン(葉牡丹)、紫色をした紫キャベツ等があります。

一般名:キャベツ(Cabbage) 、学名:Brassica oleracea L. var. capitata、別名:Cabbage(英語)、Chou(シュ、フランス語)、 Kohl(コール、ドイツ語)、カンラン(甘藍)、タマナ(玉菜) 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フウチョウソウ目アブラナ科アブラナ属、原産地:地中海沿岸 、草丈:30~100cm、葉形:球形、球径:30cm、葉色:薄緑、花径:2cm、花色:黄、開花期:3月~5月。


  • アブラナ
  • アブラナ
  • アブラナ
  • キャベツ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草/一年草、野菜
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 100.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花