サワラ

Chamaecyparis pisifera

  • サワラ
  • サワラ
  • サワラ
  • サワラ
  • サワラ
  • サワラ
  • サワラ
  • サワラ
  • サワラ
  • サワラ
  • 花名
    サワラ
  • 学名
    Chamaecyparis pisifera
  • 別名椹, Sawara cypress, ヒバ, サワラギ
  • 原産地日本
  • 開花場所低山, 墓地・寺院
  • 開花期4月, 5月

サワラとは

サワラ(椹、学名:Chamaecyparis pisifera)は、日本原産で、ヒノキ科ヒノキ属の常緑針葉高木です。日本の岩手県以南~九州の山地で湿った谷筋に自生します。同属のヒノキ(檜、桧、学名:Chamaecyparis obtusa)とよく似ていますが、樹木の表面に凸凹があり、葉はヒノキ程は密に茂らず、材質は柔らかく、果実が小さいです。葉裏にある白い気孔線の形がヒノキはY字状なのに対し、サワラはX字状をしています。雌雄同株で夏、枝先に球果を単生します。用途は、公園樹や街路樹、庭木、生垣、社寺木です。材質はやや劣りますが、耐水性や殺菌作用があり無臭(弱いレモンの香り)なので、風呂桶や、水汲み桶、柄杓等の材として用いられ、葉に殺菌作用があるので魚などの食品の下敷とされます。

一般名:サワラ(椹)、学名:Chamaecyparis pisifera、別名:Sawara cypress、別名:ヒバ、サワラギ、分類名:植物界球果植物門マツ綱マツ目ヒノキ科ヒノキ属、分布:岩手県以南~九州の日本、環境:山地の湿った谷筋等、樹高:30~50 m、樹形:円錐形、幹周:3~8 m、樹皮:灰赤褐色、葉形:鱗状でヒノキに似るが、先端が尖る、葉裏:ヒノキよりやや白く、気孔線がX字状、花色:橙、開花期:4月~5月、果実色:緑、果実形:球形、果実長:1 cm、寿命:~800年


  • マツ
  • ヒノキ
  • ヒノキ
  • サワラ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    その他
  • 葉形
    針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑針葉高木
  • 花の色茶 橙
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ3000.0 ~ 5000.0 cm
  • 花径0.6 ~ 0.7 cm

ランダムな花