かぎけん花図鑑

ススキ

基本情報
花名
ススキ
英名
Miscanthus sinensis
学名
Miscanthus sinensis
別名
オバナ, 薄, 尾花, Miscanthus sinensis, susuki
原産地
日本、中国など東アジア
生活型
耐寒性多年草
コメント
ススキ(薄、学名:Miscanthus sinensis)は、日本、中国などの東アジア原産で。イネ科ススキ属の耐寒性多年草です。日本全国の山野に自生し秋を代表する風物詩となっています。秋の七草の一つにも選ばれ、時にうら悲しい雰囲気を醸し出します。外来種のセイタカアワダチソウ(背高泡立草)が勢力を増し、ススキの生息域に侵入して大繁殖しています。花言葉は、「活力、‎心が通じる」です。
一般名:ススキ(薄)、学名:Miscanthus sinensis、別名:オバナ(尾花)、カヤ(萱、茅)、分類名:植物界被子植物単子葉植物綱イネ目イネ科ススキ属、原産地:日本、中国などの東アジア、環境:平地、山地、草丈:100〜200 cm、葉形:線形、葉色:緑色、葉縁:歯状、花色:薄茶、小穂径:0.5-0.7 cm、花序高:25〜30cm、開花期:9月~11月。
詳細情報
イネ
イネ
ススキ
ススキ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
小穂
葉のタイプ
線形
葉の縁
歯状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
9月 10月 11月
高さ
100  ~ 200  [cm]
花径
0.5  ~ 0.7