カワラナデシコ

Dianthus superbus "longicalycinus"

  • カワラナデシコ
  • カワラナデシコ
  • カワラナデシコ
  • カワラナデシコ
  • カワラナデシコ
  • カワラナデシコ
  • カワラナデシコ
  • カワラナデシコ
  • カワラナデシコ
  • カワラナデシコ
  • 花名
    カワラナデシコ
  • 学名
    Dianthus superbus "longicalycinus"
  • 別名ヤマトナデシコ, 河原撫子, 大和撫子, ナデシコ
  • 原産地日本
  • 開花場所低山, 川・池
  • 開花期5月, 6月, 7月, 8月, 9月
  • 花言葉可憐な純情

カワラナデシコとは

カワラナデシコ(河原撫子、学名:Dianthus superbus "longicalycinus")は、日本原産で、ナデシコ科ナデシコ属の耐寒性常緑多年草です。ナデシコと言えば本種を差します。
エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子、学名:Dianthus superbus L.)の変種です。
低山の日当たりの良い草原や河原に自生します。太くしっかりした花茎は、上部でスプレー状に枝分かれし、枝先に花を咲かせます。花は紅紫色の5~6枚の花弁から成り、各弁花の先端は細深裂します。花色には白もあります。秋の七草の一つとして知られ、別名でヤマトナデシコ(大和撫子)とも言います。
山上憶良が万葉集で秋の七草を詠んだ以下の短歌があります。

■秋の七草


「萩の花 尾花 葛花 なでしこが花 をみなへし また 藤袴 朝顔が花(今の桔梗)」(山上憶良、万葉集)

ハギ(萩、学名:Lespdezap.)
尾花=ススキ(薄、学名:Miscanthus sinensis)クズ(葛、学名:Pueraria montana var. lobata)なでしこ=カワラナデシコ(河原撫子、学名:Dianthus superbus "longicalycinus")オミナエシ(女郎花、学名:Patrinia scabiosifolia)フジバカマ(藤袴、学名:Eupatorium japonicum)昔の朝顔=今のキキョウ(桔梗、学名:Platycodon grandiflorus)です。

属名の ”Dianthus”は、ラテン語の Dios(神)+anthos(花)で「神の花」、種小名の”superbus”は「気高い」、変種名の ”longicalycinus”は、longi(長い)+calycinus(萼の)で、「長い萼の」と言う意味です。花言葉は「可憐な純情」です。ナデシコの仲間は、特集 ナデシコにあります。

一般名:カワラナデシコ(河原撫子)、学名:Dianthus superbus "longicalycinus"、別名:ヤマトナデシコ(大和撫子)、ナデシコ(撫子)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目ナデシコ科ナデシコ属、原産地:日本、草丈:30~50 cm、花色:桃・白、開花期:5月-9月、花径:4~5 cm。


  • ナデシコ
  • ナデシコ
  • ナデシコ
  • カワラナデシコ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 50.0 cm
  • 花径4.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花