フヨウ

  • フヨウ_img_0
    フヨウ @ 品川水族館
  • フヨウ_img_1
    フヨウ @ 品川水族館
  • フヨウ_img_2
    フヨウ @ 麹町
  • フヨウ_img_3
    フヨウ @ 麹町

基本情報

花名
フヨウ
英名
Hibiscus mutabilis
学名
Hibiscus mutabilis
別名
芙蓉, Cotton rosemallow
原産地
日本、中国
生活型
耐寒性落葉低木

コメント

フヨウとは

フヨウ(芙蓉、学名:Hibiscus mutabilis)は、日本、中国原産で、アオイ科フヨウ属の耐寒性落葉低木です。昔から観賞用に栽培されている、ハイビスカスの仲間です。 夏~秋にかけて、桃色や白色の大きな一日花を咲かせます。同科同属のムクゲ(槿、学名:Hibiscus syriacus)とよく似ています。違いを端的に述べると以下の様です。
フヨウ
葉形は掌状(五角形~多角形)、葉縁に浅い切れ込み、葉の付け根(葉柄に近い方、基部)が凹んでいる、花柄は長い、開花期は、8月~10月 。
ムクゲ
葉形は楕円形や卵形、葉縁に荒い鋸歯有り。葉の付け根に丸味がある、花柄は短い、開花期は、6月~10月。

フヨウ(芙蓉)の仲間には、ムクゲ(槿、学名:Hibiscus syriacus)タチアオイ(立葵、学名:Althaea rosea)フウリンブッソウゲ(風鈴仏桑花、学名:Hibiscus schizopetalus)、ヒビスクス・アルノッティアヌス、アメリカフヨウ(アメリカ芙蓉)フヨウ(芙蓉、学名:Hibiscus mutabilis)があります。

一般名:フヨウ(芙蓉)、学名:Hibiscus mutabilis 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アオイ目アオイ科フヨウ属、別名:モクフヨウ(木芙蓉)、Cotton rosemallow(コットン・ローズマロー)、原産地:日本、中国、草丈:100~200 cm、葉形:掌状、葉径:10~20 cm、葉序:互生、葉縁:浅い切れ込み有り、花径:10~15 cm、開花期:8~10月、花色:桃・白 。

詳細情報

アオイ
アオイ
フヨウ
フヨウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
掌形
葉の縁
鑑賞場所
ピンク, 白
開花時期
8月9月10月
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
10 ~ 20

アクセスランキング(日別)

アマリリス_img
サンタンカ_img
トルコギキョウ_img
ネジバナ_img

ランダムな花

ベニバナボロギク_img
ホタルブクロ_img
日本桜草 ’源氏車’_img
 モクセンナ_img
クシマヤ_img
アンスリウム_img
アリアケカズラ_img
サキシフラガ・ポリアングリカ_img
エビネ_img
ケヤキ_img
ムスカリ_img
薔薇ガルテンツァーバー’84_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved