ユーチャリス グランディフロラ

  • ユーチャリス グランディフロラ_img_0
    ユーチャリス グランディフロラ @ 木場公園
  • ユーチャリス グランディフロラ_img_1
    ユーチャリス グランディフロラ @ 木場公園
  • ユーチャリス グランディフロラ_img_2
    ユーチャリス グランディフロラ @ 木場公園

基本情報

花名
ユーチャリス グランディフロラ
英名
Eucharis × grandiflora
学名
Eucharis × grandflora
別名
Amazon lily, Eucharis , ユーチャリス, 擬宝珠百合
原産地
コロンビアとエクアドル
生活型
非耐寒性常緑球根植物

コメント

ユーチャリス グランディフロラとは

ユーチャリス・グランディフロラ(Eucharis grandiflora、学名:Eucharis × grandflora)は、コロンビア西部とエクアドル西部(アマゾン川上流のアンデス山脈)原産で、ヒガンバナ科ユーチャリス属の非耐寒性常緑球根植物です。Eucharis moorei と、E. sanderi の自然交雑種です。アマゾン川上流で生えていることから、別名で、アマゾンリリー(Amazon lily)と呼ばれます。園芸品種の ユーチャリス・アマゾニカ(Eucharis amazonica) と似ていて混同されることが多いです。
細長い球根から生える根生葉は深緑色で、ギボウシに似た広楕円形をしており、1茎に2~4枚付きます。葉間から直立した長い鱗茎を出し、先端から散形花序を伸ばし純白の花を3~6花、俯きがちに咲かせます。花筒部は漏斗形で、先端が6深裂して、長楕円形の花被片となり平開します。花筒喉部に6本の雄蕊が合着してカップ状となり立ち上がり副花冠状となります。花筒部の内側は淡黄緑色をしており芳香があります。
草姿は、ユリ(百合)やスイセン(水仙)に似ています。鉢花が冬に出回りますが、温室栽培のものもあります。切花やウェディング・ブーケに使われます。属名の「Eucharis」は、ギリシャ語で「eu(よい)」+「charis(caritas、引き付ける)」と言う意味です。種小名の「grandiflora」は「大きな花の」と言う意味です。

一般名:ユーチャリス・グランディフロラ(Eucharis grandiflora)、学名:Eucharis × grandflora(ユーチャリス・グランディフロラ)、別名:ユーチャリス(Eucharis )、グランディフロラ(grandflora)、Amazon lily(アマゾンリリー)、Eucharist lily、ギボウシズイセン(擬宝珠水仙)、アマゾンユリ(アマゾン百合)、分類名:植物界被子植物門単子葉類キジカクシ目ヒガンバナ科ユーチャリス属、原産地:コロンビア西部とエクアドル西部(アマゾン川上流のアンデス山脈)、草丈:40~50 cm、鱗茎径:4~5 cm、葉形:広楕円形、葉長:30 cm、葉幅:13~14 cm、葉柄:20~30 cm程と長い、花序形:散形花序、花被片色:白、花筒部色:白(外側)・淡黄緑色(内側)、花径:6~8 cm、花筒部:長さ5 cmで曲がる、花冠形:漏斗状で先端で6深裂し平開、雄蕊数:6、開花期:通年(10月~2月)、用途:切り花。

詳細情報

キジカクシ
ヒガンバナ
ユーチャリス
ユーチャリス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
広楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
切り花・生け花温室
開花時期
1月2月10月11月12月
高さ
40 ~ 50 [cm]
花径
6 ~ 8

アクセスランキング(日別)

ヒマラヤユキノシタ_img
リーフレタス_img
ヒメエニシダ_img
タチバナ_img

ランダムな花

チリメンナガボソウ_img
ミヤマリンドウ_img
オドンチオダ・マリー・ノエル‘ベラノ'_img
シマナンヨウスギ_img
メキャベツ_img
アマヤドリ_img
ルドベキア・ヒルタ_img
マルメロ_img
ベニカタバミ_img
ルドベキア・トリロバ_img
なでしこ '花はな'_img
クレマチス ‘ピンクファンタジー’_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved