マツタケ

Tricholoma matsutake

  • マツタケ
  • マツタケ
  • マツタケ
  • マツタケ
  • 花名
    マツタケ
  • 学名
    Tricholoma matsutake
  • 別名松茸, Matsutake, Matsutake mushroom
  • 原産地日本
  • 開花場所低山
  • 開花期

マツタケとは

マツタケ(松茸、学名:Tricholoma matsutake)は、日本原産で、キシメジ科キシメジ属のキノコです。赤松林等に生える菌類です。本体は菌糸体の集合であり、マツタケが生えている土壌は白くなっています。匂いマツタケ、味シメジと呼ばれほど香りが珍重されるので、採集時には笠が閉じていて土から僅かに頭を出したものを摘み取ります。タケノコ(筍)と同様、幼時(幼菌)に採集されます。松茸の場合は幼時の方が香りと味が良いことによります。筍の場合は、早く摘まないと固くなることが主な理由です。日本では最高級のキノコとされ、高根の花です。 近年は、カナダ(T. magnivelare)や中国、トルコから輸入されるようになりました。しかし、植物防疫法で輸入時に土が付いていると入管できないので洗ったものが輸入されたり、また生産地との距離があるため香りが落ちて風味が損なわれる原因となっています。残念ながら、アレルギーを引き起こす「特定原材料に準ずるもの」(20品目)に指定されています。

一般名:マツタケ(松茸)、学名:Tricholoma matsutake 、分類名:菌界担子菌門同担子菌綱ハラタケ目キシメジ科キシメジ属マツタケ節 、生活環境:赤松林床など貧栄養の乾燥した土壌 、傘色:表は薄茶色で裏側は灰白色、直径:10cm、茎長:10~20cm、旬:8月~11月、用途:食用、調理方法:土瓶蒸し、松茸ご飯


  • ハラタケ
  • キシメジ
  • キシメジ
  • マツタケ
  • 花のタイプ
  • 花序
  • 花冠
  • 葉形
  • 葉縁
  • 生活型キノコ
  • 花の色白 茶
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 20.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花