マコモ

Zizania latifolia

  • マコモ
  • マコモ
  • 花名
    マコモ
  • 学名
    Zizania latifolia
  • 別名ハナガツミ, 真菰, Manchurian Wild Rice, Makomotake
  • 原産地中国
  • 開花場所川・池, 田んぼ
  • 開花期8月, 9月, 10月

マコモとは

マコモ(真菰、学名:Zizania latifolia)は、中国原産で、イネ科マコモ属の大型の多年生宿根水生草本です。日本では北海道〜九州の湖沼や、河川、溜池等の水辺に群生します。夏〜秋に、細長い茎先から伸ばした花序の先端に広線形で黄緑色の雌生小穂を、その下に薄赤紫色の雄生小穂を咲かせます。葉は幅広で細長く、内部がウエファスのように空気層となっています。このように丈夫で軽い葉を編んでコモ(菰)を作ったことが和名の由来です。黒穂菌が寄生して肥大化した新芽はマコモタケ(菰筍)と呼ばれ食用とされます。見た目は葱に似ており、味はタケノコに似て淡白です。青い皮は硬いので使用せず、白い部分を加熱して食べます。調理例は、味噌汁の具やフライ、野菜の炊き合わせ、中華料理の炒め物などが一般的です。食用の他、葉で菰を作ったり、薬用や、漆器の顔料にも使われます。

一般名:マコモ(真菰)、学名:Zizania latifolia L.、分類名:植物界被子植物単子葉類イネ目イネ科マコモ属、別名:Makomotake、ハナガツミ(花勝美) 、Manchurian Wild Rice、原産地:中国、分布:北海道〜九州までの日本、東アジア〜東南アジア、環境:湖沼、河川、溜池等の水辺、草丈:100〜250 cm、葉身長:40~90 cm 、葉幅:2~3 cm、葉:無毛、細長く幅広、花序形:円錐花序、花序長:40~60 cm、花色:黄緑色(雌花)、紫色(雄花)、雌性小穂:線状披針形で2~2.5 cm、雄性小穂:狭披針形で0.5~1 cm、雄蕊数:6、開花期:8月〜10月、マコモタケ長:30 cm.マコモタケ巾:3 cm、用途:中国料理、漢方薬。


  • イネ
  • イネ
  • マコモ
  • マコモ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    小穂
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型大型の多年生宿根水生草本
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 250.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花